インプラントの寿命を伸ばすためのポイント

はじめに

なくなった歯を補う治療としてチタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む治療をインプラント治療と言います。
インプラントは寿命が長いため第二の永久歯とも言われており、他の治療法として入れ歯やブリッジがあるものの、インプラントは優れた治療法として注目されつつあります。
では、インプラントの寿命はそれらよりどの程度長いのでしょうか?
ここではそんなインプラントの寿命についてや、寿命を延ばすためのポイントなどについてまとめてみました。
インプラント治療を受けてみようと思っている方のご参考になれば幸いです。

インプラントの寿命とは

ここではインプラントの寿命についてご紹介しましょう。
ブリッジや入れ歯は一度治療しても、その後定期的に作り直したり治療し直す必要があります。
インプラントもそうなのでしょうか?
インプラントはほとんどがチタンまたはチタン合金でできており、これらは損傷や摩耗がほとんどないため、ていねいに使えば半永久的に使用できる素材だと言われています。
ですが、使用する素材やメンテナンスの仕方によってもインプラントの寿命はかなり差が出てきます。
とは言っても、現在インプラントの累積残存率は90パーセント超となっており、10年保証制度を行っているクリニックもあります。
いっぽうで、ブリッジの寿命は7~8年、入れ歯は4~5年となっているので、これらと比べるとかなりインプラントの寿命は長いと言えますね。

メンテナンスの重要性

ただ、インプラントの寿命を延ばすには日ごろのお手入れが必要不可欠です。
面倒だな・・と思われるかもしれませんが、入れ歯もブリッジも自分の歯であっても日ごろのケアは必要なものです。
クリニックでケア法を指導してもらい、日ごろのていねいなケアを定期検診を欠かさないように注意しましょう。
インプラントの寿命には人それぞれ差があって、ケアの仕方により数年でだめになってしまう方もいます。
そういった場合にはクリニックで相談し適切に治療を受ける必要がありますが、最悪の場合、再手術が必要になることもあります。
また、インプラントに異常があるのにそのまま使い続けていると周囲の健康な歯まで悪影響を受けることになるため、早期治療が必要です。

インプラントの寿命を縮める原因

  1. 日ごろのケアがいい加減
    お口の中の汚れがたまっており歯周病になると、インプラントの周りの組織に感染しあごの骨が溶け出し、最終的にインプラントが抜け落ちることがあります。
    つまり、インプラント治療の前にしっかりと歯周病を治療しておくことが大切ですね。
  2. 食いしばりや歯ぎしりがある
    寝ている間に歯ぎしりをしている方は歯にかなりの力がかかっているそうです。
    歯根膜と言われるクッションの役割を果たす組織がインプラントにはないので、噛むことで力が直接人工歯に伝わってしまい、壊れてしまうことがあります。
    これを防止するには寝ている間にマウスピースを付けることで防止できます。
  3. たばこを吸っている
    たばこを吸うと血管が収縮し血行が悪くなってインプラントと骨の結合が妨げられることがあります。
    さらに、たばこを吸うと唾液の分泌量が少なくなると言われているため、細菌感染の危険性が高まるのでなるべく禁煙しましょう。
  4. 定期検診を怠る
    定期検診を怠っていると噛み合わせの状態やお口の中がきれいかどうかなどのチェックができません。
    そうなると、インプラント周囲炎になったり、インプラントに力がかかりすぎてインプラントが脱落したりする危険性があるため定期検診を受けることは重要です。

インプラントの寿命を延ばすには

噛み合わせの調整

天然の歯には歯と骨の間にクッションの役目をする歯根膜というものがありますが、インプラントにはありません。
なので、使っているうちにインプラントにかなりの力がかかってしまうことがあります。
なので、定期的にクリニックで噛み合わせをチェックしてもらうことが大切です。
また、寝ている間に歯ぎしりのくせがある方はマウスピースを作ってもらい軽減することも大事です。

骨を健康に保つ

糖尿病の方はインプラント治療ができません。
糖尿病だと骨粗しょう症になりやすいと言われており、人工歯根を支える骨がもろいため支えられないことがあるからです。
なので、積極的にカルシウムを摂るようにし、骨を健康に保つことがインプラントの寿命を延ばすのには大切です。

歯周病を予防する

インプラントは人工物なので虫歯になることはありません。
ただ、インプラントの最大の敵は歯周病と言ってもいいでしょう。
歯周病菌によりインプラントを支えている骨がもろくなったり、他の健康な歯が歯周病になり噛み合わせのバランスが悪化すると、インプラントの寿命が短くなります。
ご自分でのケアの基本は天然の歯のケアと同様で、歯ブラシ以外にもデンタルフロスなどの補助アイテムなどを使いプラークをできるだけ溜めないようにすることが大切です。

クリニックでのクリーニング

天然の歯と同様ご自分でのケアには限界があるため、インプラントの寿命を延ばすには定期的にクリニックでクリーニングしてもらうことが重要です。
つまり、天然の歯もインプラントも同じだということですね。

信頼性の高いメーカーのものを選ぶ

インプラントは保険が効かない自由診療なので治療費が高額になりますが、高い治療費を払うからと言っても永遠に寿命が保証されるわけではありません。
使用するインプラントメーカーが重要なポイントになります。
世界的に知名度の高いメーカーのものを使うと寿命も長く安全性も高いと言われています

まとめ

インプラントはなくなった歯を補う治療法として、噛み心地や審美性、耐久性などあらゆる視点から見ても優れた治療法ですが、治療後のメンテナンスは天然の歯と同様で、生涯続ける必要があります。
つまり、インプラントは天然の歯と同じくメンテナンスをきちんと行っていれば寿命を延ばすことができ、逆にいい加減だと寿命は短くなります。
インプラントはご自分でのケアに加えてクリニックでの定期的なメンテナンスによって、まさに第二の永久歯としてあなたの生活を豊かにしてくれることでしょう!

TOP