【どう対応する?】インプラントトラブルの例

はじめに

インプラント治療とは金属製の人工歯根を骨に直接埋め込みその上に歯を装着する治療法です。
最近では多くのクリニックで治療を取り入れており、メディアなどでも紹介されているためご存じの方も多いでしょう。
ただし、そういった情報の中にはインプラント治療のメリットばかりを取り上げているものが多いため、失敗やトラブルについてほとんど紹介していません。
ここではインプラント治療のトラブル例やその原因などをまとめてみました。

インプラント治療のトラブルの原因

以前、インプラント治療によって死亡事故が起きたことがありました。
インプラント治療は下のあごの骨にドリルで穴を開けますが、その際に骨を貫通させ舌下動脈を損傷させてしまったことによります。
この動脈を傷つけてしまうと、大量出血を起こし口底部分に血腫が生まれ喉が塞がれて呼吸が不可能になります。
つまり、インプラント治療による死亡事故は動脈損傷による窒息死だと言えるでしょう。
動脈を損傷することは生命にかかわることで、下あごの骨が少ない方に起こりやすいです。
ですが、このリスクは避けることができるものです。
そのためにはCTで撮影しあごの骨の量や形について十分に情報を得ることが大切です。
この死亡事故のケースではCT撮影が行われていなかったため、十分に患者さんの情報を得ていれば防止できていたかもしれません。
現在、まだまだCT撮影を行っていないクリニックもあり、CT撮影を行わずにインプラント治療を行っていると考えられます

インプラント治療のトラブルの具体例

当然のことながら、インプラント治療のほとんどはトラブルもなく成功していますが、一般的な治療法となってきた現在、それに比例してインプラント治療のトラブルや失敗例なども起きているのが現状です。
では、どういったトラブル例があるのでしょうか?

・インプラントの周りの歯ぐきが腫れるトラブル

インプラントが骨にうまく癒着したことで被せものもでき、しばらく調子がいい状態が続いていても、時間が少し経つとインプラントの周りの歯ぐきが腫れたり、血が出たりすることがあります。
これは固定した骨が何らかの理由で部分的に溶けてしまったことによって歯ぐきに炎症が起きるからです。

・骨にインプラントが固定されない場合

インプラント治療はインプラント体を埋め込みある程度立ったら骨に固定することで実際の歯の根っこと同様被せものを支えられるようになりますが、骨に固定されずに抜けてしまうこともあるようです。
ただ、こういったトラブルの場合インプラント治療が始まった頃にはよくありましたが、最近では技術も進歩したため減少しているようですね。

・インプラントが神経に触れ麻痺が起きるトラブル

下あごの奥の歯の骨の下に下歯槽神経と言われる太い神経がありますが、ここにインプラントが触れることで傷ついてしまうことがあります。
そうなると、下あごの半分が麻痺することがあります

クリニック選びの重要性

インプラント治療を行う際に、上でご紹介したトラブルを避けるためにはクリニック選びを慎重に行う必要があります。
では、具体的にどういった選び方をすればいいのかここでご紹介してみましょう。

・カウンセリングがきちんと行われているか

インプラント治療は患者さんにとって手術を伴うため恐怖感や不安感がつきものです。
なので、納得した上で治療を受けるにはカウンセリングをきちんと行った上で、医師としっかり信頼関係を築くことが重要なポイントです。

・治療期間

インプラント治療は半年~1年程度といった長い治療期間がかかりますが、治療法によってはこれを短縮できることもあります。
治療を始める前にぜひチェックしておきましょう。

・保証&アフターフォロー

インプラントは手術後にメンテナンスを適切に行っていくことにより、その後ずっと使い続けることができるものです。
なので、クリニックでの保証制度やアフターフォローがしっかりしているかなどもちゃんとチェックしておきましょう。

・医師の技術力はどうか

歯科医療分野でも最新技術を必要とするインプラント治療では外科的手術を必要とする難しい治療です。
なので、治療を行う歯科医師はインプラント治療に対して高い医療技術と専門知識、実績を必要とするため、この点についても確認しておきましょう。

・治療実績はどうか

インプラント治療は外科的手術を必要とする歯科医療の中でも難しい治療です。
ご自分の症例が難しいケースの場合には対応可能かどうか、そのクリニックの治療実績の高さをぜひチェックしておきましょう。

・最新設備を完備しているか

インプラント治療ではインプラントを埋め込む手術を安全で正確に行うため、お口の中の状態を詳しく調べる必要があります。
なので、精密な検査ができるCT撮影機などの最新設備が整っているかどうかもチェックしましょう

・費用の説明がある

治療を始める前に診断料、手術代、メンテナンス量などの見積もりを出してもらうことが大切です。
インプラント治療は保険が使えないため自費となりますので高額な治療となり、クリニックによって差があるためです。
もし、相場よりかなり安い費用で治療を行うクリニックなら、治療に必要な環境や設備が整っていないこともあります。
適切な治療を受けるには費用についても具体的にきちんと説明してくれるクリニックかどうかが重要です。
費用面について具体的な説明がない場合は他のクリニックを探した方がよさそうですね。

まとめ

現在、多くのクリニックでインプラント治療が取り入れられています。
失った歯を治療する方法としてこの治療法を選ぶ方も増えています。
ですが、ここでご紹介したように、インプラント治療でトラブルが全く起きないとは言い切れません。
クリニックの選び方を間違えれば感染症などによって埋め込んだインプラントを取り出す必要も出てきます。
もし、インプラント治療を受けようと思っておられる場合にはこのようなトラブルやリスクなどを確認した上で、じっくりとクリニック選びを行うことが大切です。
みなさんがインプラント治療を快適に受けられることを祈っております!

TOP