インプラント治療の歴史とメリットデメリットについて

はじめに

インプラントとは歯をなくしてしまった場合にあごの骨に穴をあけ人工歯根を埋め込み、歯冠を被せ元の歯のようにしていく治療法です。

今までは歯を失ってしまうとその両隣の歯を削るブリッジ治療が一般的だったのですが、歯を削るとその歯まで寿命が短くなるというデメリットがありました。

ですが、このインプラント治療なら周囲の歯に悪影響を与えないメリットがあります。

ここでは、インプラントの歴史やメリット、デメリットなどについてお教えしましょう。

 

インプラントの歴史

 

世界的な歴史とは

インプラントの歴史は、1952年にスウェーデンのブローネマルクという人が骨とチタンとの結合を見つけたことにより始まったと言われています。

これによってチタンが生体に害がない金属だということが分かり、その後研究が繰り返されたことにより1965年になると人体へ応用が始まります。

その後徐々にデータが蓄積され信頼性が高まったことで、1980年代に入ると世界中から評価が得られるようになったのです。

今では、なくなった歯を補うための治療法の一つとして世界中で行われています。

 

日本での歴史とは

日本でのインプラントの導入については平たんな道のりではなかったと言えます。

1978年、サファイアインプラントにより日本のインプラントの歴史が始まります。

この人工サファイアを使った治療法は骨結合を起こさなかったので周りの歯に固定する必要があったことや、サファイアインプラントが折れるというトラブルが続き、世間でのインプラントのイメージを悪くしてしまいました。

もちろん、今ではこの治療法はほとんど行われていません。

海外同様日本でも信頼性の高いインプラントが使われ始めたのは1983年のことで、日本で初めてブルーノマルクシステムという治療法が東京歯科大学で行われ、その後日本でも研究開発が進められた結果、国産のインプラントも開発され始めました。

 

インプラントが進化している点

現在もインプラント治療は進化をし続けており、蓄積され続けてきた科学的根拠に基づきより早く安全で美しいインプラントが研究開発され続けています。

具体的に言うと、インプラントの形が今までのようなストレート型以外にも天然の歯と同様先が細くなったテーパード方なども開発されています。

両者ともにメリットはあるため、これからどういう進化を遂げていくのかまだまだ分からないことだらけです。

また、人工の歯を接合するためのアバットメントと言われる部分の形も進化しており、今後は細菌の侵入がない緻密な接続を目指し開発されていくことでしょう。

現在のインプラントは科学的根拠により裏付けがあるため、信頼性の高さは間違いありません。

ただ、インプラント治療がどんなに優秀な治療法でもそれを実際施術する医師の技術力がなければ理想の結果は得られないでしょう。

つまり、どのクリニックでインプラント治療を行うのかという選択は非常に重要なのです。

インプラントのメリットとは

自分の歯のように噛める

インプラントは天然の歯の8割程度まで噛む力が回復すると言われる治療法です。

自分の歯と同様になんでも噛むことができ、食事などで不自由な思いをすることから解放されるメリットがあります。

なお、噛む力だけで言いますと総入れ歯の場合は健康な歯の2割程度まで機能が回復すればいいと言われています。

ですが、インプラントなら歯以外にもなくなってしまった歯根部までも再生できるため、歯をなくす前と同様なんでも噛めるメリットがあるのです。

 

食事が楽しめる

入れ歯だと噛んだとき沈んだり、横に揺れたりします。

また、味覚が落ちたり、熱を感じにくくなってしまうため喉をやけどする場合もあります。

ですが、インプラントなら自分の歯と同じような状態になるため味覚が落ちたり、喉をやけどしたりすることはほとんどないようです。

 

違和感がない

インプラントでは人工歯根を完全に固定するため、入れ歯だと合わずに口の中が痛いとか、違和感がある・・などということがありません。

 

しゃべりやすい

入れ歯などであれば上あごを覆うので舌の動きが制限されてしまいしゃべりづらくなります。

ですが、歯根部から再生できるインプラント治療ならそういったことはほとんどないようですね。

 

見た目がキレイ

インプラントなら見た目がほぼ自分の歯のようにキレイに仕上がるため審美性が高いです。

なので、前歯にも対応できます。

歯はたった1本ないだけでも見た目が悪くなり、体全体のバランスにも大変悪影響があるようです。
従来の治療法の入れ歯だと、金具が見えることがありますので審美性という簡単から言うとあまり期待が持てませんでした。

でも、インプラントならそういった審美性についても解決できるのです。

 

インプラントのデメリット

ただ、インプラントにもデメリットはあります。

 

高額な費用がかかる

インプラント治療は保険が適用されないため全額自己負担となり

費用が高額になります。

インプラント治療に必要な医療機器や材料などもどれも高額なため、治療費は当然高くなりますよね。

ただ、インプラント治療は高額治療なので医療費控除などの制度を利用することができます。

ぜひ、こういった制度を利用することをおすすめします。

 

治療に時間がかかる

インプラント治療には正確な検査や診断、治療計画が必須となります。

さらに、インプラントは埋入手術をしてから完全に骨と結合するまで数か月ほど待つ必要があります。

その間はただ待つしかないのですが、最近では手術した当日に歯を入れられる治療法も出ていきているようですね。
ただ、色々な条件があるため担当の歯科医師に一度相談するといいでしょう。

 

まとめ

人間が生きていく上で食事による栄養補給は必要不可欠です。
それに、人と話をすることも人生の楽しみの一つと言えるでしょう。

食べることや話すことが楽しくなると人生はより豊かなものになるはず・・。

奥歯の入れ歯や被せものに不具合を日々感じている方は、一度インプラント治療を検討してみてはいかがですか?

きっと毎日楽しく過ごせるようになるはずですよ!
みなさんがインプラント治療を行う際のお役に立てると幸いです!

TOP