インプラント治療の流れについて

はじめに

みなさんはインプラントという言葉は知っていても、その詳しい治療内容までご存じないのではないでしょうか?

インプラント治療は他の治療より少し期間がかかりますが、それはインプラント治療に外科手術が伴い、より確実に安全に治療を行うため検査や準備が必要だからです。
インプラント治療の場合、初診の段階で治療を行うことはまずありません。

十分に説明し、納得した上で治療が開始されます。
ここでは、そんなインプラントの治療の流れなどについて詳しくご説明してみたいと思います。

インプラントとは?

では、そもそもインプラントとはどういうものなのでしょうか?
インプラントとは英語でimplantと書き、外傷や欠損を受けた部位に埋め込むもので、人工的に作られた組織や器官などの代替物または埋め込むことを言います。

たとえば、義歯や人工関節などもインプラントです。
ここでは、歯科で使われているデンタルインプラントについてご説明します。
歯科で使われているインプラントとは虫歯や歯周病、けがなどで失った時、義歯が簡単に外れないよう骨に直接結合さえる人工歯のことを呼びます。
従来はブリッジと言われる失った歯の両隣の歯を削り歯を作ったり、入れ歯での治療が行われていました。

ですが、ブリッジだとなくなった歯を作るため両隣の健康な歯まで削るので、その歯の寿命が短くなるデメリットがあります。

また、取り外す必要のある入れ歯だと硬いものを噛みづらかったり、噛む度にぐらぐらしたりして、お口の中が快適だとは言いにくかったようです。
現代よく使われているインプラントはチタン合金か純チタンでできており、形はねじやシリンダー状、歯の根のような先が細くなったようなものがあります。
インプラントの表面は昔は機械で磨いていましたが、最近では粗い表面構造になっており、骨と結合しやすくなっています。

さらに、インプラントの表面にハイドロキシアパタイトが塗布されたものまであります。

インプラント治療のメリットとは?

周りの歯の負担が軽くてすむ

なくなった歯の部分にブリッジや入れ歯を入れると残った歯にかなりの負担がかかるため、寿命が短くなるそうです。

ですが、インプラント治療だと残された歯の負担が軽くなり、周りの歯がぐらついたり、割れたりするのを防止できます。

他の歯を削らない

ブリッジ治療の場合、健康な歯まで削らねばなりません。
歯はいったん削ると削り続けなければなりませんが、インプラント治療だと残っている歯を削ることなく、健康な状態を保つことができます。

治療がシンプル

ブリッジや入れ歯だと、土台となる歯が歯周病や虫歯になった場合にすべてやり直さねばなりません。

3つの歯がつながったブリッジの場合、3つすべての被せものを外してやり直す必要があります。
でも、インプラントだとそれぞれ独立しているので、悪くなった歯だけ治療すればいいのがメリットです。

インプラントの費用

インプラントの治療費用はどのくらいかかるのでしょうか。
インプラントは一般的に1本当たり30~40万円が相場だと言われています。
ただ、都市部では全国平均より若干高いと言われています。

インプラント治療は保険適用外の自由診療のため、クリニックによって料金設定が違っており、歯科医師の技術力やクリニックの場所、使っているインプラントの材質などによっても変わってきます。

インプラントの治療の流れ

1.初診&カウンセリング

なくなった歯の数や、インプラントを埋め込むための骨の強度や大きさ、場所などによって治療法にも選択肢が様々です。

骨にかかってくる力の強さや方向の他に、患者にとって無理のない治療をトータルで検討した結果、治療プランが立てられます。
ほとんどのクリニックでは初診時に無料カウンセリングを行っているため、インプラント治療について聞いてみたい場合は、この無料カウンセリングを受けてみることをおススメします。

2.問診&検査

それまでにかかったことのある病気や、現在の健康状態などを問診していきます。
その後、お口の中を検査し、レントゲン撮影します。

3.一次手術

あごの骨にインプラントを埋入します。
この手術を行う際、局所麻酔を使うため痛みはほとんどありません。
簡単なものだと抜歯程度で済みます。
また、入院する必要はありません。

4.手術部位のチェック

一次手術を行ってから1~2週間後に抜歯をして手術した部分のチェックをします。

5.安静期間

人それぞれ差がありますが、3~6か月程度の安静期間を置き、インプラントと骨を結合するのを待つ必要があります。
一般的に、骨の量、いつともに有利な下あごの場合は2~3か月程度で、上あごだと4~6か月程度は必要です。
この間、仮歯を使うこともあります。

6.経過観察

手術後3週間程度経ったら月に1回程度の頻度で通院し、手術した部位の検診を行います。

7.二次手術

歯ぐきを切開し、人工の歯を取り付けるアバットメントを装着していきます。
このアバットメントは仮歯や最終的にインプラントと人工歯をつなげる役目があり、この状態に1~6週間が必要となります。

8.人工歯の装着

歯ぐきが治癒したら型を取って、人工の歯を作っていきます。
色や形については患者さんの元の歯に合わせて作り、インプラントに装着します。

9.定期検診&メンテナンス

インプラントで治療した部位だけでなくお口の中を常に清潔に保つ必要がありますので、ブラッシング法などの指導を受けることが大切です。

また、半年に1回程度は定期検診に行っていただき、インプラントや人工歯の状態、噛み合わせなどをチェックしてもらいましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

インプラント治療は健康な歯を守ることのできる、とてもメリットの多い治療法です。
もちろん、インプラント治療にもデメリットはあります。
ですが、現代の治療法の中で自分に最も適した治療法を自分自身で決める必要があります。
何も知らないうちに歯を削られるのではなく、インプラント治療についてもしっかりと理解した上で、最善の治療法を選んでいただきたいです!

ぜひ、ご参考になさってみてください。

TOP